ホーム > 記者発表資料 > 平成29年 > 3月 > 東京都内の直轄国道における交通安全の対策方針について、お知らせします。

記者発表資料

平成29年 03月15日

  • 東京都内の直轄国道における交通安全の対策方針について、お知らせします。

    東京国道事務所
    相武国道事務所

    ○東京都内では、平成27年に発生した交通事故件数は約3万4千件で全国ワースト4位であり、交通事故死亡者数は161人で全国ワースト8位と、事故の多い地域となっています。

    ○この交通事故の対策として、国土交通省東京国道事務所及び相武国道事務所では、関係機関と連携し、対策の検討を進めてきたところです。
     この度、東京都交通環境安全推進連絡会議での議論を踏まえ、主な交差点及び通学路の対策方針がまとまりました。

    [主な対策箇所]
     ・国道17号 笹目橋南詰交差点(板橋区)
     ・国道20号 幡ヶ谷駅前交差点(渋谷区)
     ・国道357号 有明二丁目〜辰巳交差点(江東区)
     ・国道16号 北野町南交差点(八王子市)
     ・国道20号 寿町歩道橋(府中市)

    ○今後、対策の実施に向け詳細な構造等について、協議を進めてまいります。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369