ホーム > 記者発表資料 > 平成26年 > 6月 > 東京都内のアンダーパス部の冠水注意箇所は131箇所

記者発表資料

平成26年 06月26日

  • 東京都内のアンダーパス部の冠水注意箇所は131箇所

    ゲリラ豪雨等による道路冠水にご注意下さい

    東京国道事務所
    相武国道事務所

     ゲリラ豪雨時には、主要幹線道路や鉄道などと立体交差する道路では、路面の高さが前後と比べて低くなっている(アンダーパス構造)ことから、急激に雨水が集まり、道路が冠水するおそれがあります。

     道路を利用する皆様が冠水による被害に遭わないよう、東京都内の関係自治体と協力し、冠水する恐れのある国道・都道・区道等から計131箇所をピックアップした「アンダーパス部の道路冠水注意箇所マップ」を更新し、ホームページに掲載しておりますので、ご活用下さい。

     ホームページURL http://www.ktr.mlit.go.jp/toukoku/

     また、131箇所以外でも、雨水の局地的集中により、予期せぬ箇所でも道路が冠水する恐れがありますので、冠水している道路は避けて、安全な道路への迂回をお願いします。

     道路冠水状況によっては、通行止めを行う場合がありますが、豪雨時は視界が悪く、誤って冠水箇所に車輌を進入させてしまうと非常に危険なため、安全な場所へ一時的に待避して頂き、冠水が解消されるまでの間、運転をお控え下さい。

     道路管理者においても、冠水による被害を未然に防げるようパトロールの実施や冠水注意喚起などの対策に取り組んでまいります。万が一、道路に冠水があった場合は、側溝やマンホールの蓋が外れているなどの危険な状況も予想されますので、自動車で移動される方だけでなく、歩行者や自転車・バイクの方も十分ご注意願います。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館  電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369