ホーム > 記者発表資料 > 平成30年 > 6月 > 災害対策用機器の操作講習会を「国」「自治体」「民間企業」の3者合同で実施します

記者発表資料

平成30年 06月04日

  • 災害対策用機器の操作講習会を「国」「自治体」「民間企業」の3者合同で実施します

    利根川上流河川事務所
    下館河川事務所
    渡良瀬川河川事務所

     国土交通省では、洪水や地震などの災害発生時の応急作業支援や被害軽減を目的として、排水ポンプ車や照明車などの災害対策用機器を保有し各地の災害に対応しています。
     これらの機械は、国土交通省の管理区間だけでなく、平成23年に発生した東日本大震災や平成27年9月に発生した関東・東北豪雨などでは、沿川の自治体等からの派遣要請に基づき自治体でも活躍しています。
     今回、利根川上流河川事務所、下館河川事務所及び渡良瀬川河川事務所の職員、沿川自治体の職員※1及び各事務所における災害復旧協定締結会社※2を対象に、災害対策用機械の設置、操作を習得するための操作講習会を実施します。
     なお、本講習会は「各減災対策協議会」の取組方針の一つ「一刻も早い生活再建及び社会経済活動の回復を可能とするための排水活動の取組」の一環として実施するものです。
     ※1:3県37自治体
     ※2:83社

    ・開催日時
     第1回:平成30年6月14日(木)9時30分〜12時00分(災害復旧協定会社)
     第2回:平成30年6月14日(木)13時30分〜16時00分(災害復旧協定会社)
     第3回:平成30年6月15日(金)9時30分〜12時00分(事務所・自治体職員)
     第4回:平成30年6月15日(金)13時30分〜16時00分(事務所・自治体職員)
    ・開催日時
     渡良瀬遊水池内
    ・受講予定人数
     200名程度(昨年度実績)
    ・講習内容
     本文資料(PDF)別紙−1のとおり

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369