ホーム > 記者発表資料 > 平成28年 > 8月 > キツネの巣穴被害を受け管内全域の堤防の緊急点検を実施しました。

記者発表資料

平成28年 08月05日

  • キツネの巣穴被害を受け管内全域の堤防の緊急点検を実施しました。

    利根川上流河川事務所

     平成28年6月14日及び7月8日に利根川上流河川事務所管内において、堤防へのキツネの巣穴が確認されたことを受け、利根川、渡良瀬川をはじめとする全管理区間の堤防(左右岸合わせて約250キロメートル)について緊急点検を実施しました。

     点検は、平成28年7月14日〜28日に掛けて、全区間、徒歩による目視点検で実施しました。

     この結果、既に復旧工事が完了している古河市大山地先、熊谷市妻沼地先、本庄市小和瀬地先、太田市二ツ小屋町地先を含め、キツネ等による新たな巣穴は発見されませんでした。

     引き続き、復旧箇所においては重点的に監視を行うとともに、管理区間では、河川巡視等において監視を継続し、巣穴が発見された場合は、速やかに対応を図ります。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369