ホーム > 記者発表資料 > 平成25年 > 5月 > 大規模災害に「国」「自治体」「民間会社」が力を合わせて備えます

記者発表資料

平成25年 05月30日

  • 大規模災害に「国」「自治体」「民間会社」が力を合わせて備えます

    災害対策用機器操作講習会の開催

    利根川上流河川事務所
    渡良瀬川河川事務所
    下館河川事務所

     国土交通省では、地震や洪水などによる災害発生時に、迅速な応急作業の支援や、被害を最小とするために、排水ポンプ車や照明車などの災害対策用機械を保有し、東日本大震災においても活躍しています。
     これらの機械は、国土交通省で使用するだけでなく、沿川の自治体からの要請でも派遣を行っています。
     関東平野の中央部に位置する、利根川、渡良瀬川、鬼怒川、小貝川を管理する利根川上流河川事務所、渡良瀬川河川事務所、下館河川事務所の合同で、災害発生時などに迅速に設置・操作ができるよう操作講習会を開催します。講習会には、沿川の4県37自治体※の職員と災害復旧協定会社66社※も参加していただき、「国」「自治体」「民間会社」が力を合わせて災害に備えます。
     ※参加団体数は、対象数であり、当日の参加数ではありません。

      記

     ・開催日時
       第1回:平成25年6月3日(月) 13時30分〜16時50分
       第2回:平成24年6月4日(火) 9時30分〜12時00分(取材可能)
       第3回:平成24年6月4日(火) 13時30分〜16時00分(取材可能)
     ・開催場所 栃木県栃木市藤岡町藤岡地先(渡良瀬遊水地内)
     ・受講予定人数 約140人程度(2日間延べ人数)
     ・講習内容 本文資料(PDF)別紙−1のとおり

     取材は、6月4日(火)のみ可能です。取材される場合は事前に問い合わせ先へご連絡をお願いします。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369