ホーム > 記者発表資料 > 平成24年 > 7月 > 利根川(中流部から下流部)における洪水予報・水防警報の基準水位を見直します

記者発表資料

平成24年 07月31日

  • 利根川(中流部から下流部)における洪水予報・水防警報の基準水位を見直します

    関東地方整備局
    河川部
    利根川下流河川事務所

     東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)により多くの堤防が被災したため、緊急的に復旧工事等を実施したものの、昨年6月1日からは基準水位を低く設定し、洪水予報・水防警報を発表していました。
     利根川(中流部から下流部)では、平成24年5月末に復旧対策工事が完了したこと及び堤防としての機能が地震前と同等と評価されたことから、取手・押付・須賀水位観測所の基準水位について、8月1日から、本文資料(PDF)のとおり、被災前の基準水位に見直すこととしましたのでお知らせします。
     今後も、台風などの影響による大雨の発生しやすい季節となっております。
     大雨時には、急に河川水位が上昇する場合もありますので、雨量や水位等の防災情報に注意してください。
     なお、今年度より、ご自宅等のテレビからNHKの地上デジタル放送において河川情報(雨量・水位)を見ることができるようになりましたので、ご利用下さい。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369