ホーム > 記者発表資料 > 平成30年 > 6月 > ミズベリング in 高崎天の川フェスティバルを開催します 〜水防災意識の向上 + 維持管理の充実 + 賑わいの創出 = 天の川フェスティバル〜

記者発表資料

平成30年 06月15日

  • ミズベリング in 高崎天の川フェスティバルを開催します 〜水防災意識の向上 + 維持管理の充実 + 賑わいの創出 = 天の川フェスティバル〜

    高崎河川国道事務所

     高崎河川国道事務所では、7月7日(土)、『高崎天の川フェスティバル』において、ミズベリングの取組を展開します。
     これまで、烏川の君が代橋〜聖石橋の区間では、階段護岸や緩傾斜坂路の整備を行うなど、高崎市とともに烏川かわまちづくりを進めてきました。
     今後は、これらの施設をフル活用することで、地域の賑わいを創出すると共に、災害に強いまちづくりへの進化に向け、『高崎天の川フェスティバル』において、以下の3つの取組を試みます。

    (1)水防災意識の向上
     烏川では、昭和10年の台風で君が代橋や八千代橋が流失し、7名の尊い命が失われています。災害リスクが高まる中、水防災意識社会の再構築を図るため、『仮設橋』の設置のほか、パネルによる解説や災害体験車両等を展示し、水防災意識の向上を図ります。
    (2)維持管理の充実
     高崎河川国道事務所が管理する河川のうち、神流川では樹林化が進み、洪水時の流下阻害が課題となっています。公募伐採や河川協力団体による伐採等を進めていますが、取組の拡大に向け、伐採樹木を活用した『サマーファイヤ』を実施します。
    (3)賑わいの創出
     『仮設橋』や『サマーファイヤ』を活用し、地域イベントの演出を支援します。
     また、ミズベリングの取組として、午後7時7分に『#水辺で乾杯2018』を行います。川への想いや更なる楽しみ方などのアイディアを持ち寄って、みんなで水辺で語らいましょう。

    1.実施日時
     平成30年7月7日(土) 11時00分〜20時00分
     (天候などにより、一部中止の場合があります。)
    ※中止の場合には、高崎河川国道事務所ホームページの「最新のお知らせ」欄に掲載します。
    2.実施場所
     利根川水系 烏川 和田橋下周辺

    ※なお「高崎天の川フェスティバル」の詳細は、本文資料(PDF)別添の回覧(チラシ)をご覧下さい。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369