ホーム > 記者発表資料 > 平成30年 > 5月 > 大規模地震等の災害に備え、万全な体制を!「災害対策用機器合同操作訓練」を実施します

記者発表資料

平成30年 05月25日

  • 大規模地震等の災害に備え、万全な体制を!「災害対策用機器合同操作訓練」を実施します

    高崎河川国道事務所

     国土交通省では、地震や洪水などの大規模な災害時に備え、排水ポンプ車や照明車などの災害対策用機器を保有しています。
     これらの機器を適切に運用・操作できるよう、阪神淡路大震災のあった平成7年より毎年、災害協定会社、地方自治体、国交省の職員を対象として機器操作訓練を実施しており、平成30年度も下記のとおり実施いたします。
     当事務所においても、河川の氾濫や火山災害など様々な災害に対応するため、排水ポンプ車や衛星通信車、照明車など複数の災害対策用機器を保有しており、地方自治体からの派遣要請にも速やかに応える体制を確保しております。
     なお、この訓練は、「水防災意識社会再構築ビジョン」に基づく烏・神流川流域の減災に係る取組にも対応しております。(本文資料(PDF)別紙参照)

     記

    ○日時:平成30年6月1日(金)13時00分〜16:15(小雨決行)
    ○場所:群馬県高崎市高松町地先(烏川左岸和田橋下付近)

    報道機関の皆様へ
    ・当日の取材は可能です。
    ・駐車場は本文資料(PDF)別紙地図をご覧下さい。お越しの際は事前に取材連絡をお願いします。
    ・小雨決行ですが荒天の場合は中止とします。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369