ホーム > 記者発表資料 > 平成29年 > 3月 > 道路メンテナンス総力戦【第17弾】5年に1度の点検の全数実施に向けた総力戦 〜「第9回群馬県メンテナンス協議会」の調整結果〜

記者発表資料

平成29年 03月17日

  • 道路メンテナンス総力戦【第17弾】5年に1度の点検の全数実施に向けた総力戦 〜「第9回群馬県メンテナンス協議会」の調整結果〜

    群馬県メンテナンス協議会

     3月7日に開催した第9回群馬県メンテナンス協議会において調整を行い、以下を確認しました。

    【(1)全数点検実施に向けた対応方針】
     ・H28末の点検実施率は60パーセント未満、全数実施に向け総力戦として下記をフォロー
     ・点検進捗状況を各道路管理者(市町村単位)毎・道路構造物毎に把握確認行う
     ・メンテナンス協議会事務局では、点検進捗率が十分でない場合、個別支援を強化

    【(2)修繕措置の事例】
     ・点検で、橋面舗装、床版下面に格子状のひび割れ、コンクリート土砂化損傷を確認。
     ・点検結果等に基づき、傷んだ部材を修繕し健全性を回復させた。
     ・仮に、点検をもせず、劣化損傷に気づかぬまま道路を使い続けた場合、ある日突然道路に穴が空き、大事故につながる恐れもある。
     ・点検や点検に基づく修繕、道路の維持管理にはこれらのメンテナンスサイクルが重要

    【(3)地域一括発注の活用状況】
     ・各市町村の職員不足や技術力支援の問題解決策の一つである地域一括発注について、来年度の意向調査を進めており、市町村は活用を検討

     なお、過去の協議会の状況等は高崎河川国道事務所のホームページに掲載されています。
       http://www.ktr.mlit.go.jp/takasaki/takasaki_index060.html

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369