ホーム > 記者発表資料 > 平成28年 > 12月 > 国道17号 上武道路 工事現場から発見された鉄鋼スラグに類似する不純物等の分析結果及び今後の対応

記者発表資料

平成28年 12月05日

  • 国道17号 上武道路 工事現場から発見された鉄鋼スラグに類似する不純物等の分析結果及び今後の対応

    高崎河川国道事務所

     国道17号上武道路の工事現場で、10月6日に鉄鋼スラグに類似する不純物(以下「不純物」という。)が発見されました。これを受け、10月6日〜10月18日の間、工事現場約5万6千平方メートルについて盛土材の表面調査を実施し、3工事で15個の不純物を確認しました。(本文資料(PDF)別紙−1)
     今回、当該不純物の特定と不純物が確認された箇所の土壌(盛土の材料)の分析が完了したので結果をお知らせします。

    【分析結果】
    ・鉄鋼スラグに類似する不純物は15個のうち11個が鉄鋼スラグであることが判明しま
    した。
    ・鉄鋼スラグが発見された3工事の土壌(盛土の材料)の分析を行ったところ(本文資料(PDF)別紙−2)3工事の土壌とも環境基準値以下であったことが確認されました。

    【今後の対応】
     国は、国が実施した分析結果を群馬県環境森林部及び前橋市環境部に対し報告しました。
     また、群馬県環境森林部による調査が行われています。
     国及び県の調査結果を受け、前橋市環境部より国に対し、「調査結果は土壌環境基準に適合していることから、環境保全上の影響はないと判断できる」との見解が出されています。
     これを受け、事業者である国は、中止していた3工事について、12月5日から工事を再開することとしました。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369