ホーム > 記者発表資料 > 平成27年 > 4月 > 「道路をより管理しやすくする取組み」第3弾

記者発表資料

平成27年 04月30日

  • 「道路をより管理しやすくする取組み」第3弾

    〜行政相談が多く、手間がかかる「雑草対策」を進めます〜

    高崎河川国道事務所

     高崎河川国道事務所では、管理する国道(17号、18号、50号:全長約210キロメートル)において、これまでの道路の維持管理で蓄積された知見や新技術を総動員して「道路をより管理しやすくする取り組み」を推進することにより、道路管理上の課題解決に努め、道路利用者に対する一層のサービス向上を目指しています。

     「雑草」は行政相談が多いものの、路肩や中央分離帯など作業スペースが手狭な箇所が多く、通行規制を伴い、多くの人手が必要な手間がかかる作業です。
     これらの課題を解決するため、新技術を活用した中央分離帯等の「雑草対策」を進めます。

    「道路をより管理しやすくする取り組み」第3弾
    ○新技術活用した中央分離帯等の雑草対策の取り組み
    (本文資料(PDF)別紙参照)

    ※順次このような取り組みを拡大していきます。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369