ホーム > 記者発表資料 > 平成26年 > 7月 > 今後の異常豪雪に備え、関係機関からなる初めての「群馬県道路除雪会議」を設置します

記者発表資料

平成26年 07月14日

  • 今後の異常豪雪に備え、関係機関からなる初めての「群馬県道路除雪会議」を設置します

    高崎河川国道事務所

     本年2月14日から15日にかけて発生した記録的な大雪では、関東地方各地で観測史上最高の積雪を記録、群馬県内においても前橋市で過去最高となる73センチメートルの積雪を記録し、道路交通網が混乱するなど国民県民生活に多大な影響を与えました。

     このような状況を踏まえ、今後同様の大雪が発生した場合に適切・迅速な対応が行えるよう、県内各道路管理者及び関係機関が初めて一同に集まり、今回大雪時の課題を整理し、対応策を協議・検討し共有することを目的として「群馬県道路除雪会議」を設置します。

     なお、「第1回群馬県道路除雪会議」を下記により開催します。
      日時:平成26年7月16日(水) 15時00分〜16時30分
      場所:群馬県議事堂203会議室
          (群馬県前橋市大手町一丁目1−1)

     報道機関の皆様へ
      ・本会議の撮影は会議の冒頭まで(頭取り)とさせていただきます。
      ・取材される場合は、7月15日(火)17時までに、下記問い合わせ先にご連絡下さい。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369