ホーム > 記者発表資料 > 平成30年 > 6月 > 東京外かく環状道路(三郷南IC〜高谷JCT)開通後の首都圏の交通状況をお知らせします。 [開通1週間後の利用状況(速報)]

記者発表資料

平成30年 06月14日

  • 東京外かく環状道路(三郷南IC〜高谷JCT)開通後の首都圏の交通状況をお知らせします。 [開通1週間後の利用状況(速報)]

    首都国道事務所
    東日本高速道路(株)関東支社
    首都高速道路(株)

    <東京外環自動車道>
    ●外環道(三郷南IC〜高谷JCT)の開通により、4つの放射道路(東関東道・常磐道・東北道・関越道)が接続
    ●千葉の湾岸エリアと北関東各地が都心を通ることなくアクセス可能になり、所要時間が大幅短縮
     ・高谷JCT〜大泉JCT(関越道) 20分減(60分⇒40分)
     ・高谷JCT〜川口JCT(東北道) 28分減(54分⇒26分)
     ・高谷JCT〜三郷JCT(常磐道) 28分減(43分⇒15分)
    ●新たに開通した外環道の利用は平均4万台/日(市川中央IC〜京葉JCT)
    ●外環道に交通が転換し、首都高中央環状線の交通量は東側で約1割減

    <国道298号>
    ●市川・松戸間が初めて4車線道路で接続し、平均2.4万台/日が利用。地域の交通状況が改善
    ●並行する県道の交通量が約2〜3割減少、大型車交通量が約4〜5割減少。旅行速度は市川松戸線で約4割上昇

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369