ホーム > 記者発表資料 > 平成28年 > 6月 > 〜既存の道路空間再配分により幅の広い自転車道が完成〜 国道16号相模原市富士見地区の自転車道の一部が開通します

記者発表資料

平成28年 06月09日

  • 〜既存の道路空間再配分により幅の広い自転車道が完成〜 国道16号相模原市富士見地区の自転車道の一部が開通します

    相武国道事務所

     「相模原駅周辺自転車通行環境整備モデル地区」(※)に指定されたエリア内の主要道路において、道路管理者が神奈川県警察と連携して自転車道などの自転車通行環境整備を進めて参りました。※警察庁及び国土交通省により平成20年1月17日に指定
     平成26年11月から相武国道事務所が整備を進めてきました国道16号相模原市中央区富士見地区の自転車道(延長L=1.2キロメートルのうち、今回L=0.38キロメートル)が平成28年6月23日(木)12時に開通します。
     今回の整備区間では、既存の道路空間を再配分することにより、上下線に自転車道を設置しています。また、幅も3メートルと広いことから、双方向の通行が可能となっています。このような自転車道は首都圏では当該地区のみです。

    (お願い)
     自転車道の通行に際し、供用済み区間も含め、道路標識や路面標示などの交通ルールを守り、安全運転での通行をお願いします。

     ■相武国道事務所のホームページ、ツイッターでも道路情報が確認出来ます。
      ホームページ:http://www.ktr.mlit.go.jp/sobu/
      公式ツイッター:https://twitter.com/mlit_sobu

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369