ホーム > 記者発表資料 > 平成28年 > 4月 > 国営昭和記念公園、全国の有料国営公園ではじめて累計入園者数が8,000万人を突破します

記者発表資料

平成28年 04月28日

  • 国営昭和記念公園、全国の有料国営公園ではじめて累計入園者数が8,000万人を突破します

    国営昭和記念公園事務所

     国営昭和記念公園の累計入園者数が、今年のゴールデンウィーク期間中に8,000万人を突破する見通しとなりました。国営公園は全国に17か所ありますが、有料の国営公園(12か所)の中では本公園がはじめてとなります。
     本公園の年間入園者数は、昭和58年の開園当初は約30万人でしたが、その後、こどもの森などの遊具の整備や、大規模花修景の展開、身近にふれあえる自然環境の創出などにより増加し、平成26年度以降は年間約450万人に入園いただいています。また、開園当初と比べ、より広域から来園される方が増えるとともに、週1回などの高い頻度で来園される方が増えています。最近では、季節の花や野鳥などの写真撮影や健康増進のために来園される65歳以上のシルバー世代や、チューリップや紅葉を鑑賞される外国の方にも多く利用いただいています。

    ○8,000万人目の来園者への記念品の贈呈式を行います
    (突破予想日、贈呈式の内容に関しては、以下の問い合わせ先へお尋ね下さい。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369