ホーム > 記者発表資料 > 令和元年 > 6月 > 災害対策用機器の操作講習会を「国」「自治体」「民間企業」の3者合同で実施します

記者発表資料

2019年06月13日

  • 災害対策用機器の操作講習会を「国」「自治体」「民間企業」の3者合同で実施します

    下館河川事務所
    利根川上流河川事務所
    渡良瀬川河川事務所

     国土交通省では、洪水や地震などの災害発生時の応急作業支援や被害軽減を目的として、排水ポンプ車や照明車などの災害対策用機器を保有し各地の災害に対応しています。

     これらの機器は、国土交通省の管理区間だけでなく、平成27年9月に発生した関東・東北豪雨や、西日本を中心に大雨をもたらした平成30年7月豪雨でも派遣し活動しました。

     今回、国土交通省職員(下館河川事務所、利根川上流河川事務所、渡良瀬川河川事務所)、沿川自治体の職員および各事務所の災害復旧協定締結会社を対象に、各機器の操作技術習得を目的とした講習会を実施することと致しましたのでお知らせします。

    ○日程
     令和元年6月20日(木)
     令和元年6月21日(金) ※講習内容は両日とも同じです。
    ○時間
     9時00分〜14時00分 ※雨天決行
    ○会場
     茨城県筑西市旭ヶ丘地先 母子島遊水地内(本文資料(PDF)別紙案内図参照)
    ○対象機器
     (1)排水ポンプ車(2)照明車(3)対策本部車
     (4)衛星小型画像伝送装置(Ku−SATII)
    ○講習内容
     本文資料(PDF)別紙−1のとおり

    取材について
     講習の取材は可能です。9時00分から講習会場にて受付を行います。
     自動車は、講習会場敷地内に駐車可能です。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369