ホーム > 記者発表資料 > 令和元年 > 5月 > 〜地元住民との共通認識を〜 鬼怒川・小貝川の「共同点検」を実施します。

記者発表資料

2019年05月31日

  • 〜地元住民との共通認識を〜 鬼怒川・小貝川の「共同点検」を実施します。

    下館河川事務所

     平成27年9月関東・東北豪雨災害では、鬼怒川下流部の堤防決壊などにより、氾濫流による家屋の倒壊・流失や広範囲かつ長期間の浸水が生じました。また、これらに避難の遅れも加わり、近年の水害では類を見ないほどの多数の孤立者が発生しました。
     国土交通省では、社会資本整備審議会からの答申を踏まえ、「水防災意識社会再構築ビジョン」として、全ての直轄河川とその沿川市区町村において、令和2年度を目処に水防災意識社会を再構築する取組を進めています。
     上記、取組の一つとして、洪水に対しリスクの高い区間で特に注意すべき箇所(重要水防箇所等)における共通認識を図り、円滑かつ迅速な避難や的確な水防活動の実施を目的として、鬼怒川・小貝川において、地元住民及び関係自治体・水防団(消防団)と共同で点検を実施します。

    1.日時等
     本文資料(PDF)別紙のとおり
    2.取材について
     共同点検は取材可能です。
     取材登録書により、事前登録をお願いします。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369