ホーム > 記者発表資料 > 平成29年 > 3月 > 常総市マイ・タイムライン検討会の記録集が完成 〜2つのモデル地区で行った検討会の記録を取りまとめた資料を作成〜

記者発表資料

平成29年 03月28日

  • 常総市マイ・タイムライン検討会の記録集が完成 〜2つのモデル地区で行った検討会の記録を取りまとめた資料を作成〜

    関東地方整備局
    気象庁・国土地理院
    茨城県
    結城市
    龍ケ崎市
    下妻市
    常総市
    取手市
    つくば市
    守谷市
    筑西市
    つくばみらい市
    八千代町

     市町、県、国で構成する鬼怒川・小貝川下流域大規模氾濫に関する減災対策協議会では、住民一人ひとりが自分自身の環境に合ったタイムラインを作成する「みんなでタイムラインプロジェクト」を進めています。
     平成28年度は、常総市内の若宮戸・根新田の2つのモデル地区において、のべ5回にわたって『マイ・タイムライン検討会』を実施し、住民165名が参加され、自分自身のマイ・タイムラインを検討されました。
     このたび、これまでの過程を取りまとめた『みんなでタイムラインプロジェクト常総市モデル地区における検討の記録平成29年3月』を作成しましたので、今後全国各地で同様の検討会を行う際の先行事例として、下館河川事務所ホームページで公開します。

    1.モデル地区(自治区)
     常総市若宮戸地区、根新田地区
    2.検討会メンバー
     ・対象自治区の住民、行政機関(常総市、常総警察署、茨城西南地方広域市町村圏事務組合、消防本部下妻消防署石下分署、常総地方広域市町村圏事務組合消防本部水海道消防署、茨城県、気象庁水戸地方気象台、国土交通省関東地方整備局下館河川事務所)、学識者(川島宏一 筑波大学システム情報系社会工学域 教授、伊藤哲司 茨城大学人文学部人文コミュニケーション学科 教授(地球変動適応科学研究機関 機関長)、白川直樹筑波大学院システム情報系構造エネルギー工学域 准教授)
    3.下館河川事務所ホームページ掲載ページURL
     http://www.ktr.mlit.go.jp/shimodate/shimodate00285.html

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369