ホーム > 記者発表資料 > 平成29年 > 3月 > 鬼怒川緊急対策プロジェクト”+1”が始動 〜サイクリングロード整備に向けた下妻市・常総市かわまちづくり〜

記者発表資料

平成29年 03月07日

  • 鬼怒川緊急対策プロジェクト”+1”が始動 〜サイクリングロード整備に向けた下妻市・常総市かわまちづくり〜

    下館河川事務所

     平成27年9月関東・東北豪雨で堤防決壊等が発生した鬼怒川下流域(茨城県区域)では、国、茨城県、鬼怒川沿川7市町が主体となり、ハードとソフトが一体となった緊急的な治水対策「鬼怒川緊急対策プロジェクト」を実施しています。

     下館河川事務所では、ハード整備として鬼怒川の堤防整備等を実施しているところですが、このたび、地域を元気にするなどの付加価値を狙って「鬼怒川緊急対策プロジェクト+1(プラスワン)」と称し、単にプロジェクトを進めるだけでなく、一歩進んだ取り組みや工夫を講じていくこととしました。
     本日、その第一弾として、下妻市・常総市かわまちづくりが登録されましたので、お知らせします。

     下妻市・常総市かわまちづくりでは、良好な景観や安全な水辺へのアクセス等を有する魅力あふれる川の拠点を「リバースポット」と位置づけ、鬼怒川の改修と併せて設置する管理用通路等をサイクリングロードとして整備することによって周遊性の向上を図ります。また、「タウンスポット」として位置づける街や沿川の歴史文化資源等の拠点ともネットワーク化を図り、平成27年9月関東・東北豪雨からの復興を後押しします(本文資料(PDF)別添資料参照)。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369