ホーム > 記者発表資料 > 平成29年 > 7月 > 宮ヶ瀬ダムの貯水状況について −宮ヶ瀬ダム上流域の梅雨期雨量は管理開始以降2番目の少雨−

記者発表資料

平成29年 07月26日

  • 宮ヶ瀬ダムの貯水状況について −宮ヶ瀬ダム上流域の梅雨期雨量は管理開始以降2番目の少雨−

    相模川水系広域ダム管理事務所

     今年は、1月から7月24日の雨量が平年(10か年平均)の52.4パーセント程度で推移しており、特に梅雨期における宮ヶ瀬ダム上流域の雨量は、平成13年のダム管理開始以降2番目の少雨となりました。このため、宮ヶ瀬ダム貯水池の貯水量が低下しています。

    1.現在の状況
     雨量:神奈川県の水がめである宮ヶ瀬ダム上流域における1月から7月24日までの雨量は721ミリメートルで、平年(10か年平均)雨量1,376ミリメートルと比べ、52.4パーセントにとどまっています。特に6月からの梅雨期※の雨量は219ミリメートルで、平成13年のダム管理開始以降2番目の少雨となりました。
    貯水率:7月24日現在、宮ヶ瀬ダム貯水池の貯水率は、60.4パーセントとなっています。
     ※梅雨期の気象庁発表の各年の梅雨時期を対象としている。

    2.今後の対応
     引き続き、きめ細やかなダム運用を行っていきます。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369