ホーム > 記者発表資料 > 平成31年 > 1月 > 環状道路で高速バスをもっと便利に! 〜圏央道を活用した高速バス乗り換え社会実験を実施します〜

記者発表資料

2019年01月18日

  • 環状道路で高速バスをもっと便利に! 〜圏央道を活用した高速バス乗り換え社会実験を実施します〜

    関東地方整備局
    道路部

     高速道路ネットワークの進展を踏まえ、サービスエリア等で高速バスの乗り換え環境を整備することにより、利用者の行き先の選択肢の拡大や時間短縮が図られ、観光振興など地域活性化への効果が期待されます。
     こうした高速サービスエリアを活用した乗り換えサービスの普及を促進するため、関越道高坂SAにおいて、長野と成田空港間の高速バス利用を都心(バスタ新宿)経由から、圏央道経由に乗り換える社会実験を2月21日(木)から約1ヶ月間実施します。

    実験概要
    1.実験期間:
     平成31年2月21日(木)から約1ヶ月間
    2.対象バス路線:
     長野⇒新宿便(アルピコ交通・京王電鉄バス)の7便
     ※高坂SAにて、前橋⇒成田空港便(関越交通・千葉交通)に乗り換え
    3.乗り換え環境:
     ETC2.0データを活用したバスロケーションシステムにより、SA内に設置したデジタル表示板及び専用アプリから、逐次乗り換え便の接近状況を確認できます。
    4.期待される効果:
     長野駅⇒成田空港間の移動時間について、圏央道経由ルートを利用することで、都心(バスタ新宿)経由と比較し、平均約30分程度※の時間短縮を見込んでいます。
     ※バス事業者が設定する時刻表に基づいた想定
    5.ご利用にあたって:
     本社会実験の長野〜成田空港間(圏央道経由ルート)のバスをご利用される方は以下の「高速バス乗り換え社会実験特設サイト」により、1月21日(月)からご予約いただけます。
     http://bus‐norikae.jpn.org/

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369