ホーム > 記者発表資料 > 平成31年 > 1月 > 東京外かく環状道路(三郷南IC〜高谷JCT)開通後の整備効果

記者発表資料

2019年01月09日

  • 東京外かく環状道路(三郷南IC〜高谷JCT)開通後の整備効果

    【C3】外環道経由への交通転換により都心の渋滞が改善
    【国道298号】国道298号沿線地区における交通環境が改善

    国土交通省関東地方整備局
    東日本高速道路(株)関東支社
    首都高速道路(株)

    <高速道路の交通状況>
    ○ 埼玉・千葉間(東北道⇔東関東道)の交通は都心を経由していたが、約8割の交通が外環道へ転換
    ○首都高JCTの4車線化(2箇所)の効果もあり、中央環状内側の首都高(中央環状含む)の渋滞損失時間が約3割減少
    ○埼玉と千葉が都心を経由せず繋がり、時間短縮を実現。バス会社では、同じ人数の運転士で4往復/日から6往復/日に増便できるようになるなど、生産性向上に寄与

    <一般道の交通状況>
    ○市川・松戸市内の主要な一般道路の交通量が約1割減少し渋滞損失が約2割減少
    ○市川松戸線の通過時間が最大で約4割短縮し、快適な走行が可能に
    ○市川市内の生活道路の急ブレーキ回数が約5割減少し、安全性が向上

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369