ホーム > 記者発表資料 > 平成30年 > 11月 > 2020年東京オリンピック・パラリンピックまでに太平洋岸自転車道をつなぐ取り組み 〜第1回太平洋岸自転車道推進協議会の開催について〜

記者発表資料

平成30年 11月26日

  • 2020年東京オリンピック・パラリンピックまでに太平洋岸自転車道をつなぐ取り組み 〜第1回太平洋岸自転車道推進協議会の開催について〜

    関東地方整備局
    道路部

    ○太平洋岸自転車道は、千葉県銚子市を起点として神奈川、静岡、愛知、三重、和歌山県の各太平洋岸沿岸を走り、和歌山県和歌山市に至る延長約1,400キロメートルの自転車道構想です。
    ○2020年東京オリンピック・パラリンピックまでに、迷わずに安全に走行できる環境整備、統一感を持った自転車道の整備、官民連携によるサポート体制の構築、情報発信の強化などの取組を進めるために「第1回太平洋岸自転車道推進協議会」を下記のとおり開催します。

      記

    ■第1回 太平洋岸自転車推進協議会
    日時:
     平成30年11月28日(水) 10時30分から
    場所:
     東京都千代田区霞が関2−1−3 中央合同庁舎2号館
     低層棟供用会議室2A・B
    議事(予定):
     本文資料(PDF)別紙のとおり
    構成員:
     国土交通省 関東・中部・近畿地方整備局
     千葉県、神奈川県、静岡県、愛知県、三重県、和歌山県
     静岡市、浜松市

    ※本会議は、報道関係者を対象に「カメラ撮り」は冒頭の挨拶まで。
     「傍聴」は会議通じて可能とさせて頂きます。
    ※また、会議終了後に協議会事務局によるブリーフィングを予定しています。
    ※希望される方は、当日10時20分までに会場にお越し下さい。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369