ホーム > 記者発表資料 > 平成30年 > 10月 > 圏央道を活用した高速バス乗継ぎ社会実験プレ社会実験モニターを募集します 〜長野〜成田空港間が高坂SA乗り継ぎで1時間短縮〜

記者発表資料

平成30年 10月26日

  • 圏央道を活用した高速バス乗継ぎ社会実験プレ社会実験モニターを募集します 〜長野〜成田空港間が高坂SA乗り継ぎで1時間短縮〜

    関東地方整備局
    道路部

     国土交通省では、高速バス利用者の利便性向上のため、高速道路の交通結節機能の強化に取り組んでいます。
     今回、長野〜新宿便と群馬〜成田空港便の高速バスを関越道高坂SAで乗り継ぐ社会実験を行うこととし、プレ実験参加者(モニター)を募集いたします。
     なお、本実験の検証を踏まえ、今年度内に対象便数を拡大した実験を行う予定です。

    <プレ実験実施期間>
     平成30年11月23日(祝・金)〜29日(木)(合計7日間)
    <対象路線の組み合わせ>
     長野⇒新宿線(アルピコ交通・京王電鉄バス)から前橋⇒成田空港線
     (関越交通・千葉交通)に乗り継ぎ(対象便:長野発の3便)
    <募集期間>
     平成30年11月15日(木)17時まで
    <募集人数>
     対象便につき各2席まで(先着順)(2席×3便/日×7日=延べ42名)
    <費用負担>
     無料
     ※本実験の結果を踏まえ、今後対象便を拡大した実験を行います。【有料】
    <申込先>
     高速バス乗り継ぎプレ社会実験事務局
     電話0120-068-504(受付時間:平日の9時00分〜17時00分まで)
     E-Mail:ml-noritsugi@ctie.co.jp

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369