ホーム > 記者発表資料 > 平成30年 > 7月 > 車載型センシング装置による3次元道路データの収集をスタート 〜特車通行許可の審査の迅速化等に向けて〜

記者発表資料

平成30年 07月31日

  • 車載型センシング装置による3次元道路データの収集をスタート 〜特車通行許可の審査の迅速化等に向けて〜

    関東地方整備局
    道路部

     国土交通省では、各地方整備局の道路管理用車両にセンシング装置を搭載し、地方管理道路を含めた一般道の3次元データの収集を8月2日(木)より開始します。

    1.目的・経緯
     国土交通省では、道路面上の主要地物(区画線等)の位置情報を走行車両から取得するセンシング技術により、特車通行許可の審査の迅速化や区画線、標識等の道路地物管理の効率化、運転支援の高度化、自動走行への活用等を図ることとしています。
     これまで、平成28年9月より車両搭載センシング技術を公募し、平成29年1月に現場実装に向けた実証実験等を行い、センシング技術の道路管理等への活用の有効性(精度・コスト等)を確認しました。
     この結果を踏まえ、各地方整備局等の道路管理用車両にセンシング装置を搭載し、3次元データを収集することとし、8月2日(木)より関東地方整備局管内から順次実施します。
    2.データ収集箇所
     (1)白井市道(千葉県白井市神々廻地先〜千葉県白井市河原子地先)
     (2)浦安市道(千葉県浦安市港地先)
     (3)船橋市道(千葉県船橋市高瀬地先)
    3.データ取得開始日 8月2日(木)

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369