ホーム > 記者発表資料 > 平成30年 > 7月 > 道路に関する新たな取り組みの現地実証実験(社会実験)の実施について

記者発表資料

平成30年 07月25日

  • 道路に関する新たな取り組みの現地実証実験(社会実験)の実施について

    関東地方整備局
    道路部

    ○国土交通省道路局では、道路に関して、法令等の改正につながるもの、先進的・斬新な施策について、当該施策を本格実施するにあたり、現地で市民等の参加のもと、効果や影響を確認するため、場所と期間を限定して試行・評価する現地実証実験を公募により平成11年度から実施しております。

    ○平成30年度においても実験を実施する地域を公募※し、関東地方整備局管内では、以下の実験が採択されましたので、お知らせします。

    申請団体 実験名 実験概要
    東京都
    新宿区
    新宿駅東口地区 賑わい創出・物流効率化の複合型プロジェクト 同地区の歩行者環境改善、新宿通りのモール化に向け、荷さばき・路上駐車対策の実施や車線運用の工夫を行い、道路空間(車道)の一部を歩行者空間に転用することにより、賑わい創出の取組を試行し、道路空間の機能向上を図る。また、道路協力団体制度の創設も視野に入れた道路管理の仕組みを検討する。
    埼玉県
    川越市
    既成観光市街地における自転車施策の推進に関する社会実験 首都圏を経由して川越市を訪れる観光旅客の移動(自転車)に関するデータを収集・分析することで、自転車向けの施設が具備すべき機能等や最適な設置場所の検証を行う。

    ○社会実験については、以下のホームページをご覧下さい。
     http://www.mlit.go.jp/road/demopro/index.html
     ※公募期間:平成30年4月25日(水)〜平成30年5月25日(金)

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369