ホーム > 記者発表資料 > 平成30年 > 2月 > 3月24日実験開始 「道の駅」が高速道路の立寄り施設に 〜道の駅「ごか」、「保田小学校」、「しらね」への一時退出〜

記者発表資料

平成30年 02月28日

  • 3月24日実験開始 「道の駅」が高速道路の立寄り施設に 〜道の駅「ごか」、「保田小学校」、「しらね」への一時退出〜

    関東地方整備局
    道路部
    東日本高速道路(株)関東支社
    中日本高速道路(株)八王子支社

     高速道路ネットワークを賢く使う取組の一環として、休憩施設の不足に対し、良好な運転環境を実現するため、高速道路からの一時退出を可能とする「賢い料金」の試行を道の駅「ごか」、「保田小学校」、「しらね」の3箇所において行います。
     今般、高速道路の乗り降りを自由とし、道の駅への立ち寄りを可能とすることで、高速道路利用者が、休憩や買い物、食事、周辺の交通観光情報の入手、またEVの充電など、道の駅が提供する多様なサービスを利用可能となります。また、道の駅においても、広域的な利用者増加による地域活性化が期待出来ます。

    実施箇所:
     (1)C4圏央道 五霞IC ⇔ 道の駅ごか(茨城県猿島郡五霞町)
     (2)E14富津館山道 鋸南保田IC ⇔ 道の駅 保田小学校(千葉県安房郡鋸南町)
     (3)E52中部横断道 白根IC ⇔ 道の駅しらね(山梨県南アルプス市)

    開始日時:平成30年3月24日(土) 0時から

    内容:
     ETC2.0搭載車を対象に、高速道路ICで流出し、上記の道の駅に立ち寄り後、1時間以内に同ICから再流入して順方向にご利用された場合、目的地まで高速道路を降りずに利用した場合と同じ料金に調整します。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369