ホーム > 記者発表資料 > 平成29年 > 8月 > 道路に関する新たな取り組みの現地実証実験(社会実験)の実施について

記者発表資料

平成29年 08月09日

  • 道路に関する新たな取り組みの現地実証実験(社会実験)の実施について

    関東地方整備局
    道路部

    ○国土交通省道路局では、道路に関する先進的または斬新な施策について、当該施策を本格実施するにあたり、現地で市民等の参加のもと、効果や影響を確認するため、場所と期間を限定して試行・評価する現地実証実験(社会実験)を公募により平成11年度から実施しております。

    ○平成29年度においても実験を実施する地域を公募※し、関東地方整備局管内では、以下の実験が採択されましたので、お知らせします。

    申請団体 実験名 実験概要
    東京都
    新宿区
    新宿駅東口地区賑わい創出・物流効率化の複合型社会実験 車道の一部を歩行者空間に転用し、この空間を活用した賑わいの創出と管理の仕組みについて検証を行う。
    神奈川県
    小田原市
    公民連携における道路空間リノベーション事業 道路空間に案内サイン設置や滞留機能を持たせたり、自転車通行帯のピクトグラムを設置するなどして、拠点間を自然に移動できる仕組みづくりを行い、地域活性化や観光振興への効果について検証を行う。

    ○社会実験については、以下のホームページをご覧下さい。
     http://www.mlit.go.jp/road/demopro/index.html

    ※公募期間
     平成29年4月25日(火)〜平成29年5月31日(水)

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369