ホーム > 記者発表資料 > 平成28年 > 11月 > 今冬の円滑な道路交通の確保に向けた関東甲信地方の大雪対応について

記者発表資料

平成28年 11月30日

  • 今冬の円滑な道路交通の確保に向けた関東甲信地方の大雪対応について

    関東地方整備局
    道路部

     関東地方整備局では、平成26年2月の記録的な降雪により、長期間にわたって道路交通に甚大な影響がもたらされた教訓を踏まえ、平成26年12月に以下の取組方針をとりまとめているところです。

     (1)早い段階での通行止めによる、集中的・効率的な除雪作業の実施
     (2)除雪体制の強化
     (3)降雪時期の普及啓発、異常積雪時の道路情報提供の充実
     (4)広域的な支援体制も含めた関係機関との連携・協力

     平成28年1月には、本州の南海上を低気圧が通過した影響で、太平洋側でまとまった降雪となりましたが、この取組方針に基づき、事前の準備を行うと共に、山梨県・群馬県の直轄国道の一部区間において、通行止めを実施し、集中的に除雪を行うことで、道路交通への影響を軽減する事が出来ました。
     今冬においても、関係機関等と連携を図りながら、降雪時における円滑な道路交通の確保に取り組んでまいります。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369