ホーム > 記者発表資料 > 平成25年 > 10月 > 圏央道の開通区間の効果をお知らせします。 平成25年3月〜4月に開通した区間の開通3ヶ月後の整備効果

記者発表資料

平成25年 10月16日

  • 圏央道の開通区間の効果をお知らせします。 平成25年3月〜4月に開通した区間の開通3ヶ月後の整備効果

    関東地方整備局
    道路部

     ≪目的地により早く、より確実に≫
      ・圏央道利用者は移動時間短縮を実感。
      ・物流企業は安定的なダイヤ、配送が可能に。
      ・バスルート変更に伴い、バス利用客も2割増加。
     ≪沿線に進む企業立地≫
      ・圏央道沿線には、企業が立地。特に開通区間では続々と大規模物流施設が立地。(新規工場の立地面積の伸びは、全国平均の約3倍)
      ・アクセス向上への期待から、事業用地のPRにも活用。
     ≪近くなる観光地≫
      ・観光地へのアクセスが向上し、観光客が約16パーセント増加したエリアも。

     【神奈川県区間】平成25年3月30日(土)開通 海老名IC〜相模原愛川IC
                平成25年4月14日(日)開通 茅ヶ崎JCT〜寒川北IC
                詳細はこちらをご参照ください。
                 http://www.ktr.mlit.go.jp/kisha/yokohama_00000206.html

     【千葉県区間】平成25年4月27日(土)開通 東金JCT〜木更津東IC
              詳細はこちらをご参照ください。
               http://www.ktr.mlit.go.jp/kisha/chiba_00000099.html

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369