ホーム > 記者発表資料 > 平成30年 > 10月 > 関東初! 洪水からの「逃げ遅れゼロ」実現に向けた避難確保計画作成講習会の開催

記者発表資料

平成30年 10月31日

  • 関東初! 洪水からの「逃げ遅れゼロ」実現に向けた避難確保計画作成講習会の開催

    関東地方整備局
    河川部
    荒川上流河川事務所
    埼玉県県土整備部河川砂防課
    川越市防災危機管理室

     平成28年8月の岩手県小本川の氾濫による高齢者利用施設の被害等を契機として、水防法が改正され、浸水想定区域内の要配慮者利用施設の管理者等は、避難確保計画の作成と避難訓練の実施が義務となりました。
     関東地方整備局、埼玉県、川越市では、洪水からの「逃げ遅れゼロ」を目指し、避難に時間を要する子供や高齢者等の避難行動が確実に行われるよう、浸水想定区域内にある要配慮者利用施設の管理者等を対象として、避難確保計画の「作成ポイントがわかる講習会」を開催し、計画の作成から市への提出終了までを支援します。本講習会は関東地方では初めての開催です。

    【前期講習会】
    日時:
     平成30年11月5日(月) 14時00分〜16時15分
    場所:
     川越市総合福祉センター オアシス 体育室
     (約150人の参加者を予定)
    【後期講習会】
    日時:
     平成30年11月26日(月) 14時00分〜16時00分
    場所:
     川越市総合福祉センター オアシス 体育室
     (約150人の参加者を予定)
     当日取材を希望される方は、本文資料(PDF)別紙のとおり、事前登録をお願いします。(取材に関する詳細は別添資料をご覧ください。)
    ※要配慮者利用施設とは・・・社会福祉施設、学校、医療施設、その他の主として防災上の配慮を要する方々が利用する施設のことです。
    ※避難確保計画とは・・・水防法に基づき、利用者の洪水時等の円滑かつ迅速な避難の確保を図るために必要な訓練その他の措置に関する計画です。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369