ホーム > 記者発表資料 > 平成30年 > 4月 > 緊急速報メールを活用した洪水情報の配信を国管理の全ての洪水予報河川で配信します!

記者発表資料

平成30年 04月03日

  • 緊急速報メールを活用した洪水情報の配信を国管理の全ての洪水予報河川で配信します!

    関東地方整備局
    河川部

     国土交通省では、「水防災意識社会 再構築ビジョン」のもと、洪水時に住民の主体的な避難を促進するため、平成28年9月から、国が管理する洪水予報河川において緊急速報メールを活用した洪水情報※1の配信を開始しています。
     平成30年5月1日から、管内の国が管理する洪水予報河川全てを対象に、自治体や携帯事業者との調整等が整った173市町村に配信します。
     ※1 洪水情報とは、指定河川洪水予報の氾濫危険情報(レベル4)及び氾濫発生情報(レベル5)の発表を契機として、流域住民の主体的な避難を促進するために発信する情報です。

    1.配信開始日
     平成30年5月1日(火)
    2.配信対象河川及び市町村
     国が管理する洪水予報河川
     8水系37河川の173市町村(詳細は本文資料(PDF)別表)
    3.配信対象者
     配信対象市町村内の携帯電話等
     (NTTドコモ、KDDI・沖縄セルラー、ソフトバンク(ワイモバイル含む))のユーザーを対象
    4.配信する情報
     配信対象河川における「河川氾濫のおそれがある(氾濫危険水位に到達した)情報」及び「河川氾濫が発生した情報」を配信
    5.留意事項
     ・携帯電話事業者毎の基地局や通信システムの関係により、配信対象となる市町村よりも広範囲のエリアに緊急速報メールが送信されることがあります。
     ・携帯電話等の電源が入っていない場合や、圏外、電波状況の悪い場所、機内モード時、通話中、パケット通信中の場合は受信することができません。
     ・ご利用の機種により、緊急速報メールに対応していない場合が有ります。
     ・緊急速報メールを受信するために、受信設定が必要な場合があります。詳細については、各携帯電話会社のホームページよりご確認ください。

    NTTドコモ:https://www.nttdocomo.co.jp/service/areamail/compatible_model/index.html
    KDDI・沖縄セルラー:https://www.au.com/mobile/anti-disaster/kinkyu-sokuho/enabled-device/
    ソフトバンク:http://www.softbank.jp/mobile/service/urgent_news/models/
    ワイモバイル:http://www.ymobile.jp/service/urgent_mail/

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369