ホーム > 記者発表資料 > 平成29年 > 7月 > 「首都圏の水がめ」、利根川及び荒川水系のダム貯水状況について

記者発表資料

平成29年 07月14日

  • 「首都圏の水がめ」、利根川及び荒川水系のダム貯水状況について

    関東地方整備局
    河川部
    独立行政法人水資源機構

    ●関東地方整備局および水資源機構では、利根川水系で12のダム(利根川上流域に8ダム、鬼怒川上流域に4ダム)、荒川水系では4つのダムを管理しています。これらのダムの貯水状況に関する社会的関心が高まってきていることから、当面の間、ダムの貯水状況を気象予報(気象庁発表の1か月予報、3か月予報等)と合わせ、毎週金曜日にお知らせしています。《本文資料(PDF)別紙−1》


    【7月13日0時現在のダム貯水概況】
    7月13日0時現在 有効容量
    (万立方メートル)
    合計貯水量
    (万立方メートル)
    貯水率
    (パーセント)
    先週(7月6日)の貯水量
    (万立方メートル)
    先週からの増減量
    (万立方メートル)
    利根川上流8ダム 34,349 30,161 88 29,519 642増
    鬼怒川上流4ダム 15,140 11,273 74 11,620 347減
    荒川上流4ダム 7,845 4,745 60 4,917 172減

     なお、日々のダムの貯水状況はインターネットにより、下記URLからご確認いただけます。
     ★関東地方の上流ダム群等の貯水状況(関東地方整備局ホームページ)★
      URL:http://www.ktr.mlit.go.jp/river/shihon/index00000010.html

     7月1日より、利水のために貯留可能な容量が夏期制限容量に移行するため、貯水率の表記が変わります。
     詳細は本文資料(PDF)別紙−2をご覧ください。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369