ホーム > 記者発表資料 > 平成29年 > 7月 > 国土交通省関東地方整備局渇水対策本部警戒体制への移行について

記者発表資料

平成29年 07月04日

  • 国土交通省関東地方整備局渇水対策本部警戒体制への移行について

    関東地方整備局
    河川部

     国土交通省関東地方整備局渇水対策本部(本部長:関東地方整備局長大西亘)は、本日、9時をもって準備体制から警戒体制へ移行しました。

     関東地方においては、降水量の少ない状況が続いており、管内の事務所は、以下の体制に入っております。
    常陸河川国道事務所(久慈川水系久慈川及び那珂川水系那珂川)
     3月10日(金) 渇水対策支部設置(準備体制)
     4月28日(金) 警戒体制へ移行
    渡良瀬川河川事務所(利根川水系渡良瀬川)
     6月20日(火) 渇水対策支部設置(準備体制)
     6月23日(金) 警戒体制へ移行
    下館河川事務所及び鬼怒川ダム統合管理事務所(利根川水系鬼怒川)
     7月3日(月) 渇水対策支部設置(準備体制)
    荒川上流河川事務所、荒川下流河川事務所及び二瀬ダム管理所(荒川水系荒川)
     7月4日(火) 渇水対策支部設置(警戒体制)

     このような状況を踏まえ、関東地方整備局においては、ダム等のきめ細かな運用を行ってまいります。
     皆様におかれましては、節水にご協力をお願いいたします。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369