ホーム > 記者発表資料 > 平成29年 > 3月 > 新たに「かわまちづくり」支援制度に登録された自治体に登録証の伝達式を行います

記者発表資料

平成29年 03月15日

  • 新たに「かわまちづくり」支援制度に登録された自治体に登録証の伝達式を行います

    関東地方整備局
    河川部

     国土交通省は、平成29年3月7日付けで「かわまちづくり」支援制度に係る計画について登録を行い、関東地方整備局管内においては、新たに4箇所の「かわまちづくり」計画が登録されました。
     このたび、新たに登録された「かわまちづくり」計画に対し、関東地方整備局河川部長から区市長へ「かわまちづくり」計画の登録証を手交する伝達式を以下の日程で行いますので、お知らせします。

    ○羽田空港跡地かわまちづくり 登録証伝達式(申請者:東京都大田区)
     ・伝達式日時:3月22日(水) 14時00分〜14時30分
     ・会場:大田区役所 5階庁議室(東京都大田区蒲田5丁目13番14号)
     ・参加者:大田区長、関東地方整備局河川部長、京浜河川事務所長

    ○戸多地区かわまちづくり 登録証伝達式(申請者:茨城県那珂市)
     ・伝達式日時:3月23日(木) 13時00分〜13時30分
     ・会場:那珂市役所 庁議室(茨城県那珂市福田1819−5)
     ・参加者:那珂市長、関東地方整備局河川部長、常陸河川国道事務所長

    ○下妻市・常総市かわまちづくり 登録証伝達式(申請者:茨城県下妻市、常総市)
     ・伝達式日時:3月29日(水) 15時00分〜15時30分
     ・会場:鬼怒川堤防(茨城県常総市上三坂地先)※場所の詳細は本文資料(PDF)別紙1参照
     ・参加者:下妻市長、常総市長、関東地方整備局河川部長、下館河川事務所長

    3箇所とも、当日の取材は可能です。

     「かわまちづくり」とは、地域活性化のために景観、歴史、文化及び観光基盤などの地域が持つ「資源」や地域の創意に富んだ「知恵」を活かし、市町村、民間事業者及び地元住民と河川管理者の連携の下、「河川空間」と「まち空間」が融合した良好な空間形成を目指す取組みです。
     本文資料(PDF)別添:各かわまちづくり計画の概要(参考資料(1)〜(4))、かわまちづくり支援制度の概要(参考資料(5))

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369