ホーム > 記者発表資料 > 平成27年 > 12月 > 〜鬼怒川緊急対策プロジェクト〜 平成27年9月関東・東北豪雨で大きな被害を受けた鬼怒川下流域において、国、茨城県、常総市など7市町が主体となり、ハード・ソフトが一体となった緊急的な治水対策を実施します。

記者発表資料

平成27年 12月04日

  • 〜鬼怒川緊急対策プロジェクト〜 平成27年9月関東・東北豪雨で大きな被害を受けた鬼怒川下流域において、国、茨城県、常総市など7市町が主体となり、ハード・ソフトが一体となった緊急的な治水対策を実施します。

    国土交通省関東地方整備局
    茨城県
    結城市
    下妻市
    常総市
    守谷市
    筑西市
    つくばみらい市
    八千代町

    ○鬼怒川では平成27年9月関東・東北豪雨により、1箇所の堤防決壊、7箇所の溢水などにより多くの家屋浸水被害等が発生するとともに、避難の遅れによる多数の孤立者が発生しました。
    ○このため、被害の大きかった鬼怒川下流域(茨城県区間)において、国、茨城県、常総市など鬼怒川沿川の7市町が主体となり、・再度災害防止を目的とした、決壊した堤防の本格的な復旧、高さや幅が足りない堤防の整備(嵩上げや拡幅)、洪水時の水位を下げるための河道掘削などのハード対策・タイムラインの整備とこれに基づく訓練の実施、地域住民等も参加する危険箇所の共同点検の実施、広域避難に関する仕組みづくりなどのソフト対策が一体となった治水対策を、『鬼怒川緊急対策プロジェクト』として、ハード対策については本年度から平成32年度まで緊急的・集中的に実施し、ソフト対策については、速やかに着手し、継続的に取り組みます。
    ○平成27年9月の再度災害防止を図るとともに、施設の能力を上回る洪水等による氾濫が発生することを前提として、社会全体で常にこれに備える「水防災意識社会」の再構築を目指します。

    ※各対策の内容については、本文資料(PDF)次ページ以降を参照願います。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館  電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369