ホーム > 記者発表資料 > 令和元年 > 11月 > 〜東京湾の環境改善に実証試験用の浅場を整備〜 魚たちの産卵場、子育て場となる「アマモ」を再生する活動の場として、横浜港臨港パークの前面海域に実証試験用の浅場を整備しました。

記者発表資料

2019年11月27日

  • 〜東京湾の環境改善に実証試験用の浅場を整備〜 魚たちの産卵場、子育て場となる「アマモ」を再生する活動の場として、横浜港臨港パークの前面海域に実証試験用の浅場を整備しました。

    関東地方整備局
    港湾空港部

     関東地方整備局では、東京湾水環境再生計画の一環として、横浜港・東京湾の水環境をよくする機能がある藻場を増やすための取組を実施してまいりましたが、このたび、新たなアマモ場再生の実証試験場として、臨港パーク潮入の池前面に浅場を整備しました。
     造成した浅場は、アマモ場再生等の実証試験場として「一般財団法人みなと総合研究財団」に開放し、今回、「金沢八景-東京湾アマモ場再生会議」「NPO法人海辺つくり研究会」の協力のもとで、浅場を作るための砂入れ、アマモのタネまき等を実施します。

    ※浅場の砂入れ、タネまき等の実施についての詳細は、「一般財団法人みなと総合研究財団」へお問い合わせ下さい。

     一般財団法人 みなと総合研究財団(担当:福田)
     電話03(5408)8298
     E-mail:fukuda@wave.or.jp

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369