ホーム > 記者発表資料 > 平成30年 > 5月 > 「第6回 羽田空港における地盤改良に関する修補検討委員会」の開催結果について

記者発表資料

平成30年 05月17日

  • 「第6回 羽田空港における地盤改良に関する修補検討委員会」の開催結果について

    関東地方整備局
    港湾空港部

     関東地方整備局は、施工不良のあった地盤改良工事の修補を確実に実施するため、具体的な工法の選定、結果の評価等に関する技術的助言を得ることを目的として、平成28年9月より有識者からなる検討委員会を設置し、所要の検討を進めているところです。
     今回、平成30年5月16日に「第6回 羽田空港における地盤改良に関する修補検討委員会(委員長:善功企九州大学名誉教授)」を下記のとおり開催し、『現地試験施工の結果を踏まえ、E6及びH誘導路の修補工事を浸透固化処理工法※1及び高圧噴射撹拌工法※2で実施することについては妥当である。』との意見を頂きましたので、お知らせ致します。

      記

    1.開催日時:
     平成30年5月16日(水) 16時00分〜17時30分
    2.開催場所:
     横浜第二合同庁舎 14階141・142会議室
    3.委員会の開催報告:
     本委員会における開催報告は、関東地方整備局ホームページ(以下URL)の「最新のお知らせ」に掲載しています。
      http://www.pa.ktr.mlit.go.jp/index.html

    ※1 浸透固化処理工法:薬液を地盤に注入することにより、地盤改良する工法。
    ※2 高圧噴射撹拌工法:高圧噴流水(水+硬化剤)により、地盤を撹拌・混合して地盤改良する工法。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369