ホーム > 記者発表資料 > 平成29年 > 8月 > 海洋・港湾技術の早期実用化に向けた共同研究協定の締結について −京浜港ドックを活用した実証試験の開始−

記者発表資料

平成29年 08月02日

  • 海洋・港湾技術の早期実用化に向けた共同研究協定の締結について −京浜港ドックを活用した実証試験の開始−

    関東地方整備局
    港湾空港部

     平成29年5月17日に京浜港ドックを活用した「海洋・港湾技術の早期実用化に向けた実証試験」の一般公募を行い、先般、2件3社の民間からの提案課題を選定したところです。

     選定された課題は、いずれも関東地方整備局が推進しているi-Constructionに寄与する案件であり、官民共同で研究を進めることにより、関東地方整備局と各提案者の双方に相乗効果が期待されることから、この度、各提案者と共同研究協定を8月1日に締結いたしました。(本文資料(PDF)別紙参照)

     今後、上記協定に基づき、来月より実証試験を進め、我が国の海洋・港湾に係る新技術の早期実用化並びに海洋・港湾工事への適用を通じた生産性の向上を目指します。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369