ホーム > 記者発表資料 > 平成29年 > 3月 > 災害対応用モバイルパソコン及び災害対応関係資料の遺失について

記者発表資料

平成29年 03月28日

  • 災害対応用モバイルパソコン及び災害対応関係資料の遺失について

    関東地方整備局
    港湾空港部

    ○平成29年3月28日(火)深夜1時頃帰宅した当局職員(49歳)が、災害対応用モバイルパソコ ン及び災害対応関係資料(緊急時連絡表等)を入れたバッグがないことに気づいた。

    ○前夜の懇親会で立ち寄った店舗、帰宅時の鉄道会社に電話で確認をしたが遺失物の届け出はなかった。

    ○バッグの中には、当該パソコン及び資料(緊急時連絡表等)が入っており、それらの中には49件の職員や自治体職員等の個人情報が含まれていた。

    ○なお、当該パソコンは、インターネットを介してのアクセスができないように措置済みであり、遺失以降の部外者からのアクセスがなされていないことを確認済みです。

    ○関係者の方々には多大なご迷惑、ご心配をおかけすることになりましたことを心よりお詫び申し上げますとともに、この事案を深く反省し、個人情報の厳重な管理を徹底し、今後の再発防止に努めてまいります。

    1)事後措置
     ・警察に遺失届を提出しました。
    2)再発防止措置
     ・行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律等に則り、厳重かつ適正に管理を徹底し、再発防止に努めてまいります。なお、災害対応用モバイルパソコン及び災害対応関係資料(緊急時連絡表等)については、今後、外出時に携行しないこととします。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369