ホーム > 記者発表資料 > 平成29年 > 3月 > 産学官の連携による海洋・港湾技術の早期実用化に向けて −平成28年度における実証試験の報告及び来年度に向けた取り組み−

記者発表資料

平成29年 03月06日

  • 産学官の連携による海洋・港湾技術の早期実用化に向けて −平成28年度における実証試験の報告及び来年度に向けた取り組み−

    関東地方整備局
    港湾空港部

     昨年3月、関東地方整備局では、海洋資源調査技術や港湾新技術の早期の実用化を目指し、実物大の模型実験が可能な京浜港ドック(国有施設)の活用を図るとともに、必要に応じて、直轄港湾工事の現場を実証フィールドとして提供することにしました。あわせて、より一層の情報の共有、連携及び協働を図るための協議の場として、産学官の有識者が一堂に会する「海洋・港湾技術実用推進協議会」を設立したところです。
     また、昨年5月には京浜港ドックを活用して、早期実用化に向けた実証試験の一般公募を実施し、応募のあった4件を選定したところです。
     その後、選定された4課題はいずれも関東地方整備局が推進しているi-Constructionにも寄与するものであったことから、昨年9月に各選定者と共同研究協定を締結し、実証試験を実施してきたところです。
     今般、京浜港ドックを活用した平成28年度の実証試験の結果報告を行うとともに、来年度の取り組みについて情報の共有、連携及び協働を図るため、下記のとおり第2回協議会を開催することと致しましたので、お知らせいたします。

    (1)開催日時
     平成29年3月10日(金) 16時30分開会
    (2)場所
     横浜地方第二合同庁舎14階 141会議室
    (3)参加者
     海洋・港湾技術実用推進協議会会員
     (本文資料(PDF)別紙2参照)
    (4)取材
     公開は会議冒頭の挨拶までとします。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369