ホーム > 記者発表資料 > 平成27年 > 10月 > 〜京浜港物流高度化推進協議会〜 「第8回臨海部輸送ワーキンググループ」を開催しました

記者発表資料

平成27年 10月27日

  • 〜京浜港物流高度化推進協議会〜 「第8回臨海部輸送ワーキンググループ」を開催しました

    関東地方整備局
    港湾空港部
    関東運輸局

     京浜港物流高度化推進協議会(委員長:中田信哉神奈川大学名誉教授、事務局:関東地方整備局、関東運輸局)は、学識経験者や京浜港を利用する各種企業・団体、行政関係者により設立され、京浜港の競争力強化や背後圏での物流の高度化に向けた課題解決を図るための様々な取組を行っています。
     その一つとして、国際海上コンテナ貨物の輸送効率及び輸送能力を向上させ、渋滞問題の解消や物流コストの低減につなげることを目的として、船社・ターミナルオペレーター・陸運事業者・行政関係者をメンバーとした臨海部輸送ワーキンググループを平成18年度から開催し、45フィートコンテナの国内輸送や内陸輸送の効率化に関して検討を進めてきました。
     この度、通算8回目となるワーキンググループを、平成27年10月6日(火)に開催しました(概要は別紙参照)。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369