ホーム > 記者発表資料 > 令和元年 > 6月 > 国道17号 熊谷地区の暑さ対策 〜遮熱性舗装による暑さ対策を実施します〜

記者発表資料

2019年06月17日

  • 国道17号 熊谷地区の暑さ対策 〜遮熱性舗装による暑さ対策を実施します〜

    大宮国道事務所

     国道17号熊谷市本町地区は、毎年夏に「熊谷うちわ祭」が開催されているほか、本年9月には「ラグビーワールドカップ2019TM」が開催されるなど、国内外から多くの観客の来訪が見込まれており、近年の気温上昇に対する暑さ対策が求められています。
     このため大宮国道事務所ではヒートアイランド対策の一環として、国道17号に舗装の温度上昇を抑制する機能がある「遮熱性舗装」を施工し、道路利用者等の暑さ対策を実施します。
     また、埼玉県および熊谷市においても、熊谷駅周辺において遮熱性舗装を実施しており、遮熱性舗装のネットワークが形成されます。
     なお、工事には交通規制が伴います。周辺住民の方や道路利用者の皆様には、ご不便、ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

    実施箇所:
     国道17号 熊谷市筑波1丁目〜熊谷市鎌倉町
    実施延長:
     約900メートル(先行区間約350メートルは、熊谷うちわ祭開催までに完成予定)
    着手時期:
     工事は6月下旬から着手しますが、遮熱材の塗布作業は7月上旬から予定
     ※取材をご希望される場合は、下記問い合わせ先までご連絡下さい。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369