ホーム > 記者発表資料 > 平成28年 > 12月 > 国道17号 深井横断歩道橋からの腐食金属片落下について

記者発表資料

平成28年 12月15日

  • 国道17号 深井横断歩道橋からの腐食金属片落下について

    大宮国道事務所

     大宮国道事務所が管理する国道17号深井横断歩道橋(北本市深井4丁目)において、桁下から腐食金属片が落下する事象が発生しました。

     本日、8時45分頃、北本市立北本北小学校から連絡があり、9時30分頃、現地確認を行った結果、腐食金属片(長さ約80センチメートル×幅約5センチメートル×厚さ約0.5センチメートル)は、同横断歩道橋から落下したものと確認されました。このため、緊急的に横断歩道橋全体の安全確認を行うとともに、落下の恐れのある部分の除去を実施しました。なお、この事象による被害の報告はありません。

     現在、車道1車線を規制し、高所作業車から同横断歩道橋の緊急点検を実施しております。

     今後、大宮国道事務所においては、管内の横断歩道橋の緊急点検を実施してまいります。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369