ホーム > 記者発表資料 > 平成27年 > 10月 > 国道17号武蔵浦和駅周辺地区で自転車通行空間整備にあたり、埼玉県内初となる夜間の視認性を向上させるための新しい路面表示について、現地にて専門家から技術的アドバイスを頂きます。

記者発表資料

平成27年 10月21日

  • 国道17号武蔵浦和駅周辺地区で自転車通行空間整備にあたり、埼玉県内初となる夜間の視認性を向上させるための新しい路面表示について、現地にて専門家から技術的アドバイスを頂きます。

    大宮国道事務所

     大宮国道事務所では、国道17号さいたま市武蔵浦和駅周辺地区における自転車通行空間整備に10月末の工事着手を予定しています。
     国道17号は夜間の交通量が多いことから、より安全に自転車を利用して頂くため、路面表示の夜間視認性の向上を図る計画です。
     これは埼玉県内初の取り組みであることから、現地にて専門家による技術的アドバイスを下記のとおり受けることとしましたので、お知らせいたします。

    <実施概要(本文資料(PDF)別紙参照)>
     ○日時:平成27年10月27日(火) 19時00分〜19時30分
     ○実施場所:国道17号さいたま市南区別所1丁目地先
     ○内容:夜間の視認性を向上させるための路面表示仕様等に関する専門家からの技術的アドバイス
     ○その他:取材を希望される方は、事前に大宮国道事務所 黒澤までご連絡をお願いいたします。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369