ホーム > 記者発表資料 > 平成30年 > 6月 > 災害復旧を迅速に行うために災害対策用機器の合同操作講習を実施します。

記者発表資料

平成30年 06月11日

  • 災害復旧を迅速に行うために災害対策用機器の合同操作講習を実施します。

    長野国道事務所

     国土交通省では、洪水や地震などの災害発生時の応急作業支援や被害軽減を目的として、照明車などの災害対策用機器を保有し各地の災害に対応しています。
     これらの機械は、国土交通省の管理区間で使用するだけでなく、平成23年に発生した東日本大震災などの大規模災害で自治体等からの派遣要請に基づき、活躍しています。
     今回、長野国道事務所及び長野営繕事務所の職員、沿線自治体※1の職員及び災害復旧協定締結会社46社を対象に、災害対策用機械の設置、操作を習得するための操作講習会を以下のとおり、実施します。
    ※1:今年度は、上田・佐久地域を対象に17市町村

    ・開催日時:
     平成30年6月15日(金) 13時30分〜16時00分
    ・講習内容:
     本文資料(PDF)別紙−1のとおり
    ・開催場所:
     上田車両基地構内(本文資料(PDF)別紙−2のとおり)
     (長野県上田市上塩尻地先)

     当日は、集合場所で受付後、自由に取材ができます。
     事前に取材を希望される場合は、問い合わせ先まで連絡をお願いします。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369