ホーム > 記者発表資料 > 平成29年 > 2月 > 道の駅「あおき」と長野大学との連携 〜村の魅力を引き出し、観光振興による地域活性化を目指します〜

記者発表資料

平成29年 02月24日

  • 道の駅「あおき」と長野大学との連携 〜村の魅力を引き出し、観光振興による地域活性化を目指します〜

    長野国道事務所
    長野大学
    道の駅「あおき」

     大学と「道の駅」の交流・連携の一環として、長野大学と青木村の道の駅「あおき」及び関東地方整備局長野国道事務所の3者で連携企画型の実習を実施することとなりましたので、お知らせします。
     この取り組みは、将来の地域活性化の担い手となる人材を育成・確保するとともに、「道の駅」が地域活性化の拠点を目指して進化を遂げるため、「道の駅」と大学がお互いに連携・協力しあい、付加価値を創出する企画・立案等を実施するものです。

    【実習内容】
     (1)学生による青木村の実地調査
     (2)特産品を活かした新商品の開発
      (青木村限定栽培のそば「タチアカネ」を活用)
     (3)青木村の歴史と風土を活かした観光PRの実施

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369