ホーム > 記者発表資料 > 令和元年 > 11月 > 第1回 国道20号法雲寺橋応急復旧に伴う調整会議の開催結果について

記者発表資料

2019年11月14日

  • 第1回 国道20号法雲寺橋応急復旧に伴う調整会議の開催結果について

    甲府河川国道事務所

    ○令和元年10月12日の台風19号に伴う豪雨により、国道20号法雲寺橋(大月市初狩町下初狩)において、橋脚沈下により路面段差が確認されたため、通行止めを行っています。

    ○国土交通省甲府河川国道事務所において、今回被災した法雲寺橋の現地調査や応急復旧方法の検討をした結果、車道部については、11月末に応急仮設橋を活用し、通行止めを解除する見込みとなっています。

    ○しかしながら、今後も復旧作業が続くことから、復旧中における交通運用等について調整が必要です。

    ○こうした状況を踏まえ、関係する警察や道路管理者が、橋の復旧状況を確認しながら、復旧中における交通運用等について、役割分担を調整するため、国道20号法雲寺橋応急復旧に伴う調整会議を設置します。

    ○本日、第1回国道20号法雲寺橋応急復旧に伴う調整会議を開催しましたので、開催結果をお知らせします。
     会議の概要は本文資料(PDF)別紙のとおりです。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369