ホーム > 記者発表資料 > 令和元年 > 10月 > 台風19号に伴う国道144号鳴岩橋付近の現地調査に10月29日(火)着手しました。

記者発表資料

2019年10月30日

  • 台風19号に伴う国道144号鳴岩橋付近の現地調査に10月29日(火)着手しました。

    高崎河川国道事務所

     台風19号に伴って、群馬県嬬恋村大笹地先では、一級河川吾妻川の異常出水により国道144号では鳴岩橋の崩落や道路の崩壊が発生しており、早急な災害復旧が急務になっています。
     今般、関東地方整備局では、「大規模災害からの復興に関する法律」における「非常災害」に指定されたことを受け、早急な、復旧方法の検討を行うため、10月29日(火)に群馬県中之条土木事務所、嬬恋村建設課の関係者の皆さんと現地調査を実施し、被災状況や災害発生の経緯を確認するとともに、高崎河川国道事務所所有のドローンを用いて周辺の被災状況の確認や把握を行いました。
     引き続き、早期復旧に向けて、関係者が一丸となって進捗を図って参りますので、ご理解ご協力をよろしくお願い致します。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369