ホーム > 記者発表資料 > 令和元年 > 10月 > 浚渫兼油回収船「海翔丸」と清掃兼油回収船「べいくりん」が共同で川崎市東扇島沖の流出油の防除作業を行いました。 〜台風19号に関する九州地方整備局、関東地方整備局の取り組み〜

記者発表資料

2019年10月18日

  • 浚渫兼油回収船「海翔丸」と清掃兼油回収船「べいくりん」が共同で川崎市東扇島沖の流出油の防除作業を行いました。 〜台風19号に関する九州地方整備局、関東地方整備局の取り組み〜

    関東地方整備局
    九州地方整備局

     台風19号により東京湾の川崎市東扇島沖で発生した、貨物船「JIADE」沈没による流出油防除のため、九州地方整備局のドラグサクション浚渫兼油回収船「海翔丸」が10月14日(月)に北九州港を出港し、本日より現地で流出油防除作業を開始しました。また、関東地方整備局の清掃兼油回収船「べいくりん」は台風通過後の10月13日から作業を開始しており、本日は「海翔丸」と共同で作業を行いました。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369